“悪魔仮面”ケンドー・カシン 活動停止発表

2018年08月23日 16時30分

カシンの狙いとは?

“悪魔仮面”ケンドー・カシンが22日、唐突に活動停止を発表した。

 女子プロレス「アイスリボン」26日の神奈川・横浜文化体育館大会では鈴木秀樹(38)のパートナーとして出場し、藤田あかね(31)、X組と対戦する。意気込みを聞くと「26日で一区切りとさせていただきます、ハイ」と切り出した。

「一区切り」と言えば2016年9月に盟友の藤田和之(47)が元大関把瑠都(33)に敗れた直後に口にして表舞台から姿を消した際と同じ。引退とも取れる厄介な単語だ。しかもその理由を「自宅近くでタクシーに乗車した時、運転手から『引退したんですか?』って言われたんです。(非常勤講師を務める)慶応大でも父兄から『先生は復帰しないんですか?』と質問を受けてショックだったから」。どこかで聞いたことがある話なのは気のせいだろう。

 9月以降は「裁かれる側ではなく裁く側に回りたいと思います。悪いことや引退詐欺などをする悪質なレスラーを“青義”の名の下に裁いていきたい」。最後に26日に対戦するXについて「これだけ引っ張ったんだから、超大物を連れて来てほしい。みんなそれを期待しています。間違っても八百…(以下略)」と意味不明なことを口にしながら湘南方面に向かうタクシーに乗り込んだ。