私を救ってくれたドラゲーの激闘

2016年05月15日 10時00分

愛猫の「うみ♀」と岩谷麻優

【We are U―23女子プロレス代表】スターダム・岩谷麻優

 

 東スポをご覧の皆さん! このコラム2回目の登場となりますスターダムの3冠王、岩谷麻優です(^^) 高校に入って間もなく始まった私の引きこもり生活を救ってくれたのがプロレスであったことは前回お話ししましたが、今回はその経緯をお話ししまーす☆!

 

 私には2人のお兄ちゃんがいます。引きこもりのころはとにかく自分の部屋に閉じこもってばかりで、全く外に出なかった私でしたが、そんな私を見かねた2番目のお兄ちゃんが大のプロレス好きで「気分転換に」と誘われて見に行ったのがドラゴンゲートさんでした。初めて見たプロレスはそれまで何一つ興味を持てないでいた私の病んだ心にずしりと刺さりました。もちろんファンとして感動したというのもありますが、それだけではない感情が芽生えたのです。

 

「やってみたい」。素直にそう思ったのです。なんの根拠もないのに直感でプロレスに「私の居場所」を感じました。そして私はすぐに行動を起こしたのです。

 

 プロレス雑誌に載っていたスターダムという新団体設立に伴う新人募集の記事を見た私はチャンスを逃してなるものかとすぐに応募し、面接の機会を与えてもらいました。山口県の田舎に住んでいた当時16歳の私は親にまともな説明をすることもなく、半ば家出同然に新幹線に飛び乗りました。

 

 手にしていたのは着替えの入った紙袋2つとおカネのない私に新幹線代を工面してくれたスターダム社長の小川さんへの手土産だけでした。そして人生初の東京に到着し、困惑する小川さんに自分なりに熱意を伝え、強引とも言える私のスターダム入団が決まるのです。ってなわけで、続きはまた今度っ☆

 

 15日の後楽園大会では紫雷イオ選手が持つワールド・オブ・スターダム王座に挑戦します。覚悟を持ってリングに上がりますので、ぜひ応援に来てくださいね♡