【ドラゴンゲート】DG王者・シュン Ben―Kとの前哨戦に快勝 新ユニットに5人目も登場

2020年12月16日 00時00分

華麗なムーンサルトを披露したシュン(上)

 ドラゴンゲートの15日、東京・後楽園ホール大会で、オープン・ザ・ドリームゲート王者シュン・スカイウォーカー(24)が、新ユニットの最後の一人をお披露目した。

 Ben―K(29)との初防衛戦(20日、福岡国際センター)を前に最後の前哨戦となったこの日は、ドラゴン・ダイヤ(22)と組み、Ben―K、Kzy(34)組と対戦した。シュンは新結成したユニットの中でベールに包まれていた5人目「ラ・エストレージャー」を含む4人を従えてリングに登場。「新ユニットの名前はマスカーレードだ。俺たち5人がドラゴンゲートの景色を変える」と高らかに宣言した。

 試合は序盤、Ben―Kのヘッドロックなどで苦しみながらも、ドロップキックを繰り出し応戦。スピードで翻弄した。自軍のダイヤが集中攻撃を浴びて窮地に陥る場面もあった、最後はKzyをSSWで沈めた。

 試合後は「20日は今の最高のシュン・スカイウォーカーを見せてBen―Kを超えたと証明する!」と予告。新ユニットに関して「新メンバーはラ・エストレージャーだ。加入経緯は言えません。みんなマスカーレードについて来い!」と言い放った。新ユニットとともに注目のV1戦となりそうだ。