【ドラゴンゲート】謎のマスクマンが極悪集団「R・E・D」加入

2020年10月08日 00時00分

R・E・Dに加入した謎のマスクマン㊥

 ドラゴンゲート7日の東京・後楽園ホール大会で、吉田隆司(38)とドラゴン・ダイヤのシングルマッチ後に、謎のマスクマンが乱入するハプニングがあった。

 試合は序盤から吉田が持ち前のパワーでダイヤを圧倒。すると恐ろしげなマスクをかぶった男が突如現れ、ダウンするダイヤに馬乗りになり連続で鉄槌を振り下ろしていく。ゴングが打ち鳴らされ、試合はノーコンテストに。

 同時に極悪集団「R・E・D」の面々がリングに集結。リーダーのEitaがマイクを握ると「相変わらずしょっぱいな。だからコイツが出てきた。ダイヤ・インフェルノだ! お前をとことん地獄に落としてやるよ!」とほえた。

 またもや凶悪な新戦力を手に入れたR・E・Dはバックステージでも大騒ぎ。Eitaの「コイツは人間じゃねーんだよ。よく見とけ!」のアピールに、メンバー全員が歓喜の声を上げながら控室に消えた。

 これには堀口元気(42)も顔面蒼白で「噂では矢追純一がどこかから連れてきたとか…」と語るのみだった。