【ドラゲー】マシーン・Jが世代交代宣言 “近藤修司は過去の人”

2020年07月10日 12時00分

マシーン・Jはベテラン狩りに燃えている(本人提供)

 過去の人間とはおさらば! ドラゴンゲートのオープン・ザ・トライアングルゲート王者ストロングマシーン・Jが、元W―1の近藤修司(42)に引導を渡す。

 闘龍門出身の近藤は、通常興行の再開となった京都大会(4、5日)に電撃参戦。闘龍門世代と合体して、極悪軍団「R・E・D」とドラゲー世代に連勝した。しかしマシーン・Jは「名前を聞いたことがある程度。接点もない過去の人。世代闘争の最中に入ってくるなんてタイミングが悪いですね」と意に介さない。

 15日の東京・後楽園ホール大会のメインではYAMATO(38)、KAI(37)、Ben―K(28)と組み、近藤、吉野正人(39)、ドラゴン・キッド(44)、横須賀ススム(42)組と8人タッグで対戦する。近藤とは初対決になるが「交わる楽しみはあるけど、単に同窓会に出てるだけですよね。僕らは勝って世代交代を完遂させる目標に進むしかない。闘龍門世代と一緒に葬ります」と自信をのぞかせた。

 6月28日放送回のテレビマッチでは闘龍門世代を撃破してトライアングルゲート王座の初防衛に成功するも、R・E・Dの乱入があっての勝利だった。「まずは後楽園で勝って、今度は乱入者なしで闘龍門世代に完勝、防衛する。世代交代へ大きく前進する道は見えてます。ギギギ…」と意気込むと、機械のメンテナンスに余念がなかった。