【ドラゴンゲート】鉄人・望月 「50歳王者」の誕生を予告

2019年10月03日 16時30分

望月は王座取りに燃えている

 ドラゴンゲートの鉄人・望月成晃(49)が2日、「50歳王者」の誕生を予告した。8日の東京・後楽園ホール大会ではオープン・ザ・ドリームゲート王者のBen―K(27=)に挑戦する。

 次期挑戦者決定戦バトルロイヤルを制しての挑戦権獲得を「僕に対してノーマーク感があった。『いまさら感があるかな』と思ったけど、お客さんの後押しを感じましたよ。自信になって臨めます」と語った。

 王者は現世代のPAC(33)から王座を奪取し、同じく現世代のYAMATO(38)を初防衛戦で退けた。それでも「新世代と現世代とベテランはグー、チョキ、パーのような関係だと思う。新世代のBen―Kが現世代に勝っても、ベテランが新世代に勝つことがある。勢いできているので、崩れたらガタガタといくのが新世代」と自信をみなぎらせた。

 先月26日には団体メンバーと、独立リーグ「06ブルズ」とのチャリティー野球に出場。リリーフとして登板し、二死満塁の大ピンチを魂の1球で内野ゴロに打ち取り、引き分けに持ち込んだ。「相手が忖度してくれたんですよ…」と謙遜するが、“奮投”をたたえられたという。「『オッサン引っ込め』という声もあると思うけど、そういう声と真摯に向き合うことが原動力。(来年1月17日の)50歳の誕生日は王者で迎えますよ」。ベテランの意地が炸裂する。