V15!CIMAが「師弟対決」激勝

2013年06月17日 16時00分

メテオラを突き刺すCIMA

 ドラゴンゲート16日の福岡・博多スターレーン大会で、オープン・ザ・ドリームゲート王者のCIMA(35)がリコシェ(24)の挑戦を退けて15度目の防衛に成功した。

 

 最強決定トーナメント「KING OF GATE」覇者・リコシェとの頂上決戦。CIMAは挑戦者の空中殺法に苦しめられた。サスケスペシャルを皮切りに、スワンダイブ式のファイヤーバードスプラッシュ、シューティングスタープレスを立て続けに浴びてしまう。さらにはオキテ破りの雪崩式シュバインで大ピンチに陥った。

 

 それでも百戦錬磨の絶対王者は勝負強かった。リコシェの切り札・ダブルローテーションムーンサルトプレスを間一髪でかわすと、腹部へのダイビングニードロップで反撃開始。クロスファイヤーからメテオラ、最後は新型のメテオラホールドで激闘に終止符を打った。

 

 リコシェはCIMAが米国で発掘し、3年越しのオファーを実らせてドラゲーにスカウトした愛弟子。

 

 師弟対決を制したCIMAは「こういうシチュエーションは最初で最後だと思う。彼が日本で認められて、テレビにも出てっていう、このタイミングも偶然だけど必然だったのかな」と感慨深げに振り返った。

 

 2011年12月から1年半以上にわたる長期政権で、防衛回数はついに15回に到達。次期防衛戦は年間最大興行の7月21日神戸ワールド記念ホール大会。CIMAは「来週にでも挑戦者を決めてもらいたい。取りたい人間がいたら、誰でもいいんで」と、23日の大阪大会で次期挑戦者決定バトルロイヤル「CIMAロワイヤル to神戸ワールド」の開催を予告した。