【ドラゲー】Ben―Kが7・21神戸で王者PACに挑戦

2019年06月09日 15時07分

PAC(左)に挑戦表明したBen-K

 ドラゴンゲート「KING OF GATE」の優勝決定戦が8日のアクロス福岡大会で行われ、Ben―K(27)がEita(27)を下し、初優勝を飾った。これにより年間最大興行となる7月21日の神戸ワールド記念ホール大会で、オープン・ザ・ドリームゲート王者PAC(32)に挑戦することが決まった。

 序盤からEitaのラフ殺法に苦戦を強いられ、15分過ぎにはレフェリーが倒れている隙に極悪軍団「R・E・D」が乱入。数的不利の戦いを強いられた。それでもファンの「Ben―K」コールに後押しされ、最後はスピアーから3カウントを奪った。

 試合後は「Eitaに勝って、優勝したぞ! おいR・E・D、俺を追放したことを忘れてねえからな。お前ら全員にやり返すから、覚悟しとけ!」と絶叫するや「優勝した勢いで一つ言いたいことがある」と続けた。

 ここでドリームゲート王者PACを呼び出すと「次のチャレンジャーは俺だ」と堂々と挑戦表明。王者も受諾の意思を示したため、八木隆行大会本部長(44)は7・21神戸ワールド大会での王座戦を発表した。

 Ben―Kは「俺の勢いは誰にも止めることができない。ドラゴンゲートで一番強い男になってここに帰ってくる。最後に魂の叫びを聞いてくれ。俺がBen―Kじゃ!」と博多のファンに約束した。