【ドラゴンゲート】堀口 マシーン軍団に即スクラップ予告

2019年04月02日 16時30分

堀口元気

 ドラゴンゲートの堀口元気(40)が、10日の後楽園ホール大会でベールを脱ぐマシーン軍団の「元号またぎ」を阻止する。

 同大会ではかつて新日本プロレスで活躍したスーパー・ストロング・マシンの実子、ストロングマシーン・Jがデビューする。これに伴い結成されるマシーン軍団と6人タッグで激突する堀口は「名前とマスクを受け継いだだけで通用するような甘い世界ではない」と厳しい洗礼を予告した。

 1984年発足の同軍団のセコンドには将軍KYワカマツ(77)が就き、かなり本格的だ。しかし新元号「令和」に切り替わろうというタイミングで復活することに疑問を禁じ得ない。

 そこで「KYワカマツはちょっと気になるけど…しょせんマシーン軍団なんて昭和の遺物。令和にふさわしいユニットである(自身属する)ナチュラルヴァイブスが一発で終わらせます。平成の終わりとともになくなるべき」とわずか1戦で解散に追い込むつもりだ。

 Jのデビューにあたっては、大々的な会見も行われた。「あれも個人的には気に入らない。どうせまだしょっぱい試合しかできないんでしょうから。マスクを脱いで、若手としてイチからやり直すのが彼のため」。機械軍団は早々とスクラップにされてしまうのか…。

関連タグ: