【DDT】グレート・ムタ初参戦 武藤に続き最後の月面水爆披露

2018年03月25日 19時28分

石井慧介(下)にムーンサルトプレスを放つグレート・ムタ

“魔界の住人”グレート・ムタが25日、DDTの東京・両国国技館大会に登場。同団体初参戦を果たした。

 ムタは佐々木大輔、遠藤哲哉と組んで男色ディーノ、石井慧介、大家健組と対戦。リング上がほぼ怪奇派で埋まる中、ムタVSゲイ、魔界VS新宿2丁目という超異次元対決が実現した。

 注目の両者のファーストコンタクトで、ムタはディーノのキス攻撃を難なく阻止。股間を握られても、臀部を掘られても全く動じず、ドラゴンスクリュー、足4の字固めに捕えた。

 その後、ディーノの男色殺法が徐々に効果を表し始め、リップロックで毒を吸い取られてしまったが、なんとおきて破りの逆キス攻撃で再び毒を自身のものに。佐々木、遠藤との毒霧三重奏でディーノをKOしてみせる。

 さらに孤立した石井に狙いを定めたムタは、なんとコーナー最上段へ。誰もが見られないと思っていた月面水爆を披露して、3カウントを奪ってみせた。

 ムタは1980年代から武藤敬司(55)の化身として活躍。武藤は今月末に長年痛みに苦しめられてきた両ヒザに人工関節を入れる手術を控えており、術後、復帰してもムーンサルトプレスの使用は医師から禁じられる。そのため14日のW―1後楽園ホール大会で放った月面水爆を、人生最後の一撃と決めていた。

 となればその影響が化身のムタに及ぶことは確実。今後、長期欠場が濃厚視されるムタ自身はこの日、ノーコメントで会場を後にしたが、両国国技館で描かれた華麗なアーチは、魔界の住人にとっても最後の月面水爆だったはずだ。