【DDT】丸藤、HARASHIMA組がKO―Dタッグ王座V3

2017年11月03日 16時30分

坂口征夫(左)のキックを耐える丸藤

 DDT2日の新木場大会で行われたKO―Dタッグ選手権は王者の丸藤正道(38)、HARASHIMA(年齢非公開)組が坂口征夫(44)、高梨将弘(34)組の挑戦を退け、3度目の防衛に成功した。

 試合は丸藤と高梨のレスリング勝負からスタート。お互いに譲らないままそれぞれのパートナーに交代すると、征夫と高梨もじっくりグラウンド勝負を展開する。

 その後も一進一退の攻防が続いたが、連係の精度を上げている王者組が一気に出た。最後は丸藤が高梨に鮮やかな不知火を決めて3カウントを奪った。

 試合後、丸藤は「すごく刺激的だった」と満足そうな表情。V4戦はKO―D無差別級王者の竹下幸之介、彰人組と24日後楽園大会で行うことも緊急決定した。「若い力を吸収したい。俺も新しい物を見つけられるかもしれないし、プロレスの深さを教えたい」と、笑顔で長期政権樹立に自信を見せていた。