【DDT】遠藤哲哉 KO―D王座奪取でケニー・オメガに恩返しだ

2017年08月19日 16時30分

KO―D無差別級王座初戴冠を誓う遠藤

 20日のDDT東京・両国国技館大会でKO―D無差別級王者・竹下幸之介(22)に挑戦する遠藤哲哉(26)が18日、新時代の扉を切り開くことを誓った。 

 新世代のライバル同士だったが、竹下に大きく水をあけられ追う立場が続いてきた。「目障りな存在ではあるけど、実際あいつだけズバ抜けてた。一人に背負わせすぎた」と両国決戦で初戴冠を果たし、肩を並べるつもりだ。

 飯伏幸太(35)に憧れてDDTに入団し、寮ではケニー・オメガ(33)との共同生活でレスラーとしての姿勢を学んだ。その2人はすでに退団。「抜けた穴はデカイとは思う」と語る遠藤には、その穴を埋めるために自分の成長が必須という強い信念がある。

 とりわけケニーから受けた影響は大きい。「毎日トレーニングを一緒にしてましたし、レスラーとして理想の生き方をしていた。今の活躍は刺激になります。恩返しじゃないですけど、勝って報告はしたい」

 若き王者からベルトを奪い、団体に新たな「2強時代」を到来させる。