【DDT】10代選手興行で今井礼夢が躍動「強くなる特訓をしてきた」

2021年10月27日 21時39分

奮闘する今井礼夢
奮闘する今井礼夢

 DDTの10代選手による新ブランド「DDTeeeen!」(27日、東京・新宿フェイス)で、女性グループ「SPEED」元メンバーで自民党の今井絵理子参議院議員の長男・今井礼夢(17)が躍動した。

 来年に創立25年を迎える同団体の25周年プロジェクトの一環として行われた新たな試み。10代のレスラーが主役となる大会の先陣を切った礼夢は、競輪選手との〝二刀流レスラー〟SHINGOとのタッグで中村圭吾、高鹿佑也組と激突した。

 序盤からハツラツとした動きを見せた礼夢は、高鹿をドロップキックでふっ飛ばすと、スリーパーで攻めるなど若さをほとばしらせながらも、きっちりと戦いを組み立てる。

 中村からは月面水爆を被弾する場面もあったが、ランニングエルボーを炸裂させるなど物おじしない姿を見せ、会場の空気を自分のものにした。最後はパートナーのSHINGOが高鹿から逆片エビ固めでギブアップを奪い、勝利を収めた。

 試合後、礼夢は「本当に勝ててうれしかった。今日の朝、SHINGOさんや他の選手と強くなる特訓をしてきた。それもあって勝てた」と笑顔をはじけさせていた。 

関連タグ:

ピックアップ