【DDT】立会人を務める〝ビッグダディ〟林下清志氏がディーノのキス攻撃で悶絶

2021年06月08日 21時59分

清志氏(右)はディーノのキス攻撃に悶絶…

〝ビッグダディ〟こと林下清志氏(56)が大立ち回りを見せた。

 20日のDDT東京・後楽園ホール大会で行われる岡田佑介(28)対「超大物X」の試合は清志氏が勤めるステーキ店の提供試合で、この試合の特別立会人を務める。同店の常連で、私生活でも仲のいい岡田との関係から実現したもので、8日の会見で清志氏は「自分自身もプロレスが大好きで、ノコノコと出てきてしまいました。こうして絡ませていただき光栄至極です。今回の『超大物』って誰だろうって楽しみ」と心を躍らせた。

 しかし「超大物」のコールを受けてやって来たのは、男色ディーノ(44)だった。おもむろに席に向かうディーノをあ然と見つめたが、次の瞬間、期待を著しく裏切られたことに怒りが爆発。冷静にコメントする岡田に「ショックでおかしくなったのか⁉ ディーノが振りでこの後、対戦相手が出てくると思っていた。大物くらいならまあまあ。だけど超大物と言ってただろ? カレーで言ったら福神漬けだわ!」と吐き捨てた。

 これにはディーノも「会見でこんな傷つくことある? 福神漬けメーカーに謝れ」と2人で取っ組み合いを始める始末。最後はディーノの熱いキス攻撃を食らってしまい、その場に崩れ落ちてしまった。波乱含みの展開で、当日もただでは済みそうにない。

関連タグ: