【DDT】クロちゃん一石二鳥のV宣言「上福ちゃんと結婚」「大仁田は無期限引退」

2020年12月16日 22時46分

クロちゃんは大仁田の弱点を狙う?ヒザなめ特訓を敢行

 23日に東京ソラマチで開催される「スカイツリー路上電流爆破プロレス」で〝邪道〟大仁田厚(63)と対戦する、お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(44)が16日、都内で練習を公開した。

 助っ人のスーパー・ササダンゴ・マシーン(43)、青木真也(37)、上福ゆき(27)が初めて一堂に会し、ササダンゴは「相手の分析はできています。大仁田厚の弱点はズバリ、ヒザ。全日本プロレス時代にケガして、両ヒザが人工関節なんです」と秘策を伝授。青木からは関節技を指導された。

「大仁田は足が細い」との理由から選ばれた上福が四つん這いになるや、クロちゃんは獣の目をぎらつかせた。「本当にキモイ。毛がいやだ」とののしられつつも技の習得に取り組んだ。

 ここで「ヒザが人工関節なんで、なめればさびます」と再度ササダンゴからアドバイスを送られるも、「このご時世なんで。自分のヒザをなめてください」と注意が。リング上にはなぜか自らのヒザを何度も何度もなめるクロちゃんの姿があった。

 しかし感触を得たのか「大仁田厚、なめ殺してやる」と怪気炎を上げると、その後はなぜか上福との〝コイバナ〟に発展。「ないって言ったらウソになりますよね。もしかしたらゴールインあるかも。でも勝たない限りはゴールインできない。プロポーズ? そう取ってもらってもいいです」と言い出す始末だった。

 上福からは「それはない!」と即刻拒否されたが、クロちゃんは本紙に「東スポさん、『助っ人探して』って頼んだでしょ。でも、このメンツが最強かな。勝って大仁田を無期限引退、上福ちゃんとゴールイン。東スポさん、ご祝儀お願いします。一石二鳥。カモがネギ背負ってきました」。果たしてどうなるのか…。

 なお、この様子はABEMAプロレスYouTubeチャンネルで公開予定だ。