【爆破甲子園】〝力道山3世〟力が〝大鵬3世〟納谷幸男と初対決

2020年11月29日 16時43分

納谷(左)にチョップを叩き込む力

〝邪道〟大仁田厚(63)と高木三四郎(50=DDT)のコラボプロデュースイベント「爆破甲子園2020」が29日、神奈川・鶴見青果市場で行われ、〝力道山3世〟の力(39)と〝大鵬3世〟の納谷幸男(26)がタッグマッチで初対戦した。

 試合は3世の意地が激突する激しい展開になった。力が「納谷! 来い!」と再三挑発すれば納谷も応戦し、鋭いチョップと重い蹴りが交錯。最後は力のセイバーチョップが誤爆した今成夢人(35)を納谷がエルボードロップ、岩石落としと畳みかけて3カウントを奪った。

 試合後、力は「もう1回だ! 次は1対1だ! 互いに偉大なおじいちゃんを背負っているのもあるし、負けられない!」とシングルでの再選を要求した。しかし納谷は「あんな女子レスラーのことしか考えていない奴とのシングルは勘弁してほしい。誰の事? たくさんいますけど…。強いて言えば? チェリーさんです」とまさかの暴露で応じた。

 果たしてこの戦いに続きはあるのか。