【DDT】ユニバーサル王者・上野勇希 MAOとの激闘制しV1も「頭を打たれ過ぎて…」

2020年11月08日 23時45分

試合後、熱く抱擁する上野(右)とMAO

 DDTのTVマッチ「DDT TV SHOW!」が8日に放送され、ユニバーサル王者の上野勇希(25)がMAO(23)を退け、初防衛に成功した。

 3日の大田区大会でクリス・ブルックス(29)を破り同王座を初戴冠した王者は、挑戦者の攻撃を真っ向から受け止めた。蹴りが交錯する激しい試合となったが、最後はWR(変型大外刈り)で勝利。試合後は「頭を打たれ過ぎて、ちょっとバカになってしまいました」と独特の表現で挑戦者をたたえた。

 さらに「このベルトをもっともっと防衛して、今日のような楽しく、激しく、ちょっとだけバカになる試合をやります。これからも僕とベルトに期待してください」とファンに呼びかけた。