【DDT】「D王」2大会を全席無料興行に!高木社長「多くの人に見てもらいたい」

2020年10月12日 20時26分

オンライン会見を行った今林アシスタントプロデューサー(左)と高木三四郎社長

 DDTは12日、公式ユーチューブチャンネルで会見し、シングル最強を決めるリーグ戦「D王 GRAND PRIX 2021」(11月22日、東京・後楽園ホールで開幕)の一部日程の変更について説明した。


 当初は公式戦が行われる2大会をテレビマッチ「DDT TV SHOW!」で行う予定だったが、11月27日と12月4日に東京・成増アクトホールで全席無料の興行に振り替え、開催することになった。

 高木三四郎社長(50)は「もともとテレビマッチのほうで公式戦を行うとお伝えしておりましたが、お客さんのほうから生で観戦したいという声が多くありました。検討をしていく中で、お客さんを入れてやることになったのですが、東京に興行が集中していることに加え、昨年7月15日の大田区総合体育館大会や、その大田区に向けての新木場1stRING大会を無料で行ったこともあり、その中でDDTを初めて見たという人も多く、お客さんにとって窓口になるんじゃないかと思い、公式戦2大会を無料でお届けすることになりました」と説明した。

 また「DDTとしては初のD王GRAND PRIX無料大会となりますので、一人でも多くのお客さんにDDTの素晴らしさ、D王の熱い戦いを見ていただきたいと思います。正直、今の新型コロナウイルスの状況下において、無料大会を行うことは厳しい部分もありますが、このタイミングでもっともっとDDTのファンを増やしていきたいですし、もっともっと多くの人にDDTの戦いを見てもらいたいと思います」と語った。

 出場選手は11月3日の東京・大田区総合体育館大会で発表される。