DDTと東京女子が無観客試合を動画で配信

2020年03月02日 16時35分

竹下(右から2人目)が無観客試合を締めた

 DDTグループは、新型コロナウイルス拡大の影響で中止や延期となった大会の代替として無観客試合を東京・御茶ノ水道場で開催。1日にはDDTと東京女子プロレスの2大会が行われ、DDTユニバース(動画配信サイト)で配信された。

 東京女子はワンデイトーナメントの全20試合が行われ、中島翔子(28)が優勝を決めた。またDDTは全6試合が行われ、メインの8人タッグ戦ではエースの竹下幸之介(24)率いるALL OUT(竹下、勝俣瞬馬、飯野雄貴、ロイス・チェンバース組)がディザスターBOX(HARASHIMA、吉村直巳、大鷲透、平田一喜組)を撃破。同大会はフジテレビ系列のニュース番組も取材に訪れた。

 竹下は「DDTユニバースで何万人という方々に観戦していただいていますので、僕らは会場の規模にかかわらず、いつも通りベストを尽くすだけです」と語った。無観客試合は3日と7日にも開催される。