【DDT】ノア・丸藤が“名前知らない”平田と26日後楽園でシングル対決

2020年01月08日 10時36分

左から大鷲、中根氏、米田氏、中村

 DDTは7日に東京・御茶の水の道場で記者会見を行い、ディザスター・ボックス(DB)を率いる大鷲透(44)が出席。3日の後楽園大会で電撃加入を発表したノアの天才・丸藤正道(40)が26日後楽園大会でDBの平田一喜(32)とシングル対決することを発表した。

 後楽園では完全に丸藤に無視された平田は5日の板橋大会で「まさか僕の名前を分からないとは…。ちょっと丸藤さん、新宿2丁目で一度飲ませていただいた仲じゃないのよ。DBに入った丸藤さんには平田一喜という名前を叩き込んでもらわないといけないんで。丸藤さんに平田をビシッと覚えてもらうように頑張りたいと思います。丸藤さん、平田です! 覚えてください!」と語っていた。

 これを受けた大鷲は「いまだに名前を覚えられてないって、こんなことあるんですか! 平田は10年もプロレスやってるんですよ! 10年もやってるのにアイツの名前は方舟に届いてないんですよ!」と机を叩いて軍団のお荷物を糾弾。「昨日7時間ぐらい寝てから考えました。どうすれば丸藤さんに平田の名前を覚えてもらえるか。これをやれば間違いない」と丸藤と平田のシングル戦を提示した。

 これで26日後楽園大会での激突が正式決定した。丸藤サイドからはOKをもらっているが「ハッキリ言って丸藤選手は相手のことについてピンときてない」(今林久弥AP)だけでなく、平田自身にまで「まだ言ってません」(大鷲)という始末…。

「勝敗についてはもう皆さんお分かりだと思いますが、平田一喜という名前を憶えてもらう。丸藤さんはストーカー市川(ドラゴンゲート)というクセモノを倒しているし、あのへんのイロモノに対する免疫はできているはず。どう出てくるのか見ものですね」と不敵な笑顔を見せた。なお、14日の定例会見に丸藤の出席が決定。「平田もこの放送を見たら空けておくように」(今林AP)と、株式会社としてはかなり適当な指示を出していた。

 続いて26日後楽園大会でのインフォマーシャルマッチ開催が発表された。総合美容商社の株式会社ガモウの中根敬氏、ガモウが推薦するヘアサロン「ゴールド渋谷」所属のスタイリストの米田星慧氏が出席。当日は米田氏にヘアメイクをされた選手が試合をおこなう「ガモウ&ロレアルpresentsヘアアレンジマッチ」として開催される。

 米田氏はカリスマヘアメイクアーチストとして有名で「昨年オープンしたサロンは予約がすでに取れません」(中根氏)という超売れっ子。自身も「プロレスが大好きで20年以上ずっとプロレスとともに歩んできました。こうやってDDTさんとお仕事させてもらえることは、かけがえのない瞬間で最大の喜びだと強く思ってます。きっと世界中で僕よりプロレスを知っていて、僕よりプロレスを愛していて、プロレスラーをカッコよくできる美容師はいないと断言できます。当日選手の方々の髪型を、どの世界のプロレスラーよりもカッコよくつくらせていただきます」と熱く語った。

 出場決定選手は「20年近くポリシーを持って」(本人談)髪型を変えていない大鷲を含む4選手。ここで米田氏がヘアアレンジしたウイッグをつけた童○新人の中村圭吾(21)が登場。図に乗って格好つけたはいいが、大鷲にウイッグを取られ張り手でKOされた。なお26日後楽園大会は来場者全員にロレアルのヘアケアサッシュがプレゼントされる。