【DDT】赤井沙希 双子連れて現れた旧姓・広田さくらに困惑

2019年12月03日 18時05分

広田さくら(左)の子供を前に困惑する赤井

 タレント兼プロレスラーの赤井沙希(32)が3日、都内で開かれたDDTの記者会見に出席。七番勝負「おきばりやす」第2戦(28日、後楽園ホール)で対戦する旧姓・広田さくら(41=WAVE)の“作戦”に心を乱されながらも、決意を語った。

 会見場に双子の子供(きのくん&めぐちゃん=2歳8か月)を連れて登場した広田を前に、赤井は「意気込みを言いに来たのに何ですか? この状況」と困惑しつつ「広田選手が相手と発表されたとき、会場が大歓声に包まれて、DDTのお客さまの心をつかまれていると感じた。今3人対1人ぐらいの気持ちだが、もう戦いは始まっていると思う」と気を引き締めた。

 これに対して広田は「まさか自分が2戦目に選ばれるとは思っていなかったので、光栄に思っている。ファンが何を求めているかは重々承知しているので、存分に見せたい」と余裕のコメントだ。

 第1戦では藤本つかさ(36=アイスリボン)を得意の蹴りで追い込んだものの、惜敗した赤井。広田戦については「相当なクセ、世界観を持っている選手。その世界を受け止めるのも大事だが、自分からも何か仕掛けていきたい」とレゴブロックで遊ぶ2人の子供を、遠い目で見ながら力を込めた。