【DDT】娑鬼が降臨 かみつき吸血攻撃で無効試合に

2019年09月30日 16時30分

娑鬼は平田(手前)の肩にガブリ

 DDTの東京・後楽園ホール大会が29日に行われ、タレント兼プロレスラー・赤井沙希(32)の“生ける化身”とされる娑鬼(さき)が、第1試合の6人タッグ戦中に突然、降臨した。8月25日後楽園大会以来、約1か月ぶりに妖艶な姿を見せたが、平田一喜(31)の肩をかんで血を吸い始めたため、無効試合の裁定が下された。さらに場内スクリーンには血の色とおぼしき赤い文字で「しあいをくんで…」とのメッセージを残し、ふらりと姿を消した。