【DDT】KO-D無差別級 竹下が青木真也を下しV2

2019年09月02日 16時30分

竹下は青木(下)に非情な攻めを見せた(DDT提供)

 DDTのKO―D無差別級選手権(1日、エディオンアリーナ大阪第2競技場)は、王者の竹下幸之介(24)が“バカサバイバー”こと青木真也(36)を下し、2度目の防衛に成功した。

 青木のサブミッションに苦しみながらも、最後は挑戦者の三角絞めを力ずくでマットに叩きつけるや、ウォール・オブ・タケシタ(逆エビ固め)で勝利。試合後はグータッチで健闘をたたえた。竹下は「本当の意味でのトップをかけたい」と、11月3日の東京・両国国技館大会でEXTREME級王座とのダブルタイトル戦を提案した。これにより、29日の東京・後楽園ホール大会で行われる同王座3WAYマッチ(王者・黒潮“イケメン”二郎VS挑戦者・HARASHIMAVS挑戦者・遠藤哲哉)の勝者との両王座戦が行われることになった。