【DDT】KO―D初の女子王者! 里村がディーノ下す

2018年08月29日 16時30分

3WAYのタイトル戦が決まった(右)から里村、入江、ディーノ

 DDTの28日東京・新木場大会で、メインのKO―D無差別級王座戦は、センダイガールズの里村明衣子(38)が男色ディーノ(41)を下しベルトを奪取した。

 試合後に「KO―D初の女子王者だ!」と勝ち誇り、防衛戦の相手に入江茂弘(30)を指名。しかし入江は因縁のあるディーノ戦を希望し、ディーノは里村とのリマッチを熱望した。それぞれの思惑を受けた高木三四郎社長(48)が「だったら9月23日の後楽園大会、3WAYで戦え! サバイバル3WAYだ!」と三つどもえのタイトル戦を決定した。