【DDT】赤井沙希 ストーカー制裁よ!

2018年07月05日 16時30分

赤井(左)は浅野氏(中)の前でチュパカブラの顔にパンチを入れた

 限界よ。タレント兼プロレスラーの赤井沙希(31)が4日、ストーカー行為を続ける新生IWAジャパンUMA軍団のチュパカブラ(年齢不詳)制裁を誓った。

 発端は6月末だ。都内の美容室でくつろいでいた赤井を、なぜかUMA軍団を率いるハル・ミヤコ女史(年齢不詳)がチュパを連れて襲撃。おびえた赤井が動画を自身のツイッターに投稿すると、再生回数1万5000回を超える大反響を呼んだ。

 ハル女史は赤井が2014年度東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」新人賞を受賞した時から「あんな小娘が? なぜモア美人の私には何もないわけ?」と嫉妬心を燃やしていた。その炎が再燃した格好で、急きょDDT高梨将弘(35)の15周年記念大会(8日、両国KFCホール)で10人タッグ戦での激突が決まった。

 女史の嫌がらせは赤井のみならずIWA創設者の浅野起州会長(65)にも及んだ。浅野氏は昨年12月から待望の年金生活に入っていたが、ハル女史はUMA軍団再興のため、年金が新生IWAに振り込まれるよう闇ルートで細工していたのだ。

 隠居後、ノンキに日々を過ごしていたが、5月から年金を横領されている事実に最近気づいた。「あのドロボーネコめ、コンチクショー!」と血の涙を流した浅野氏は赤井の窮地を聞きつけ、経営する定食屋「花膳」でチュパ対策を伝授。しかし「吸血鬼にはニンニクよ!」と鼻息を荒くする2人の背後にはまたもやチュパの姿が…。

 さすがに怒った赤井はパンチで蹴散らし「こんなストーカーは初めて。試合でKOして天罰を下します!」と必勝宣言。決戦はハル女史もセコンドに就く。二丁目劇場はオンナの争いという新局面に突入した。