【大日本】無残断髪被害のアブドーラ小林が途方に暮れる

2021年05月31日 18時10分

無残に髪を刈られたアブドーラ小林による自撮り

 新潟無差別級王者のアブドーラ小林(44=大日本)が途方に暮れている。

 スキンヘッドがトレードマークだった小林は新型コロナウイルスの終息を願って髪を伸ばし、原宿・表参道の美容室で定期的に手入れをしていた。その大事な髪を30日のアイスリボン名古屋大会で対戦した鈴季すずにバリカンで刈られ、逆モヒカンのような形にされてしまったというのだ。

 変わり果てた姿の写真を送ってきた小林は、涙ながらに「途方に暮れています。こんな形になって、これからどうしたらいいのか…」と訴え。それでもどんな逆境でも必死に前を向くのが持ち味だけに「そろそろ前向きにならないといけないな、とも思います。この頭で、東京には行けない。だけど、丸一日眺めていたら見慣れてきたので、このまま横浜線に乗ってみようと思います」と話した。

 一日も早く立ち直ってくれることを祈るばかりだ…。

関連タグ: