【大日本】デスマッチ王者・伊東竜二vs藤田ミノル正式決定 5・5横浜文体で激突

2020年03月17日 19時43分

王者・伊東竜二(左)と挑戦者の藤田ミノル

 前日(16日)の大日本プロレス旗揚げ25周年興行で、アブドーラ小林(43)を下して3年8か月ぶりにデスマッチ王座に返り咲いた伊東竜二(43)と挑戦表明した藤田ミノル(42)が一夜明けた17日、都内の事務所で会見を開いた。

 舞台は毎年恒例のビッグマッチ、5月5日の横浜文化体育館(文体)に決定。藤田は「本当に文体かと。ビックリしたが、受けてもらえてうれしい」と面食らった様子を見せつつ「前回の挑戦は3年前。なかなかチャンスが巡ってこなかったので、今しかないと。今回取れなかったらもうないと思うので、覚悟して臨みたい」と意気込んだ。

 デビュー前には同じ釜の飯を食べていた先輩の挑戦を受ける伊東は「シングルで戦うのは初めてなので、ぜひやってみたいと思った」。試合形式についても藤田の要求をのむという。印象を問われると「今まで戦ってきた相手とはタイプが違う。全くつかめていないが、新しい伊東竜二をお見せしたい」と力を込めた。