【大日本】“黒天使”沼澤邪鬼 4・23復帰戦は「蛍光灯200本&凶器持ち込み」タッグ戦

2020年03月03日 19時48分

会見する“黒天使”沼澤邪鬼

 大日本プロレスの“黒天使”沼澤邪鬼(42)が3日、東京・後楽園ホール大会の前に会見し、1年2か月ぶりとなる復帰戦の対戦相手と試合形式を発表した。

 昨年2月から右膝前十字靱帯断裂および半月板損傷で欠場していたが、4月23日の東京・新木場1stRING大会でいよいよ帰ってくる。佐久田俊行(28)と組んでアブドーラ小林(43)、星野勘九郎(44)組と戦うことを明らかにした。

 沼澤は「佐久田選手は私が休んでる間に『サイコパスボーイ』と呼ばれて串を頬に突き刺したり、面白いことをやってるなと。サイコパスとキ……イが組んだらどうなるかなと思って組みました。相手の2人には、1年以上のフラストレーションを晴らすモルモットになってもらいます。形式はシンプルに蛍光灯200本&凶器持ち込み」と笑顔で話した。