【大日本】木高イサミ 12・18横浜でアブドーラ小林とV5戦「2代目鉄檻から飛びます」

2019年11月05日 20時44分

木高イサミ(左)とアブドーラ小林

 大日本プロレスは5日に都内で会見し、12月18日の神奈川・横浜文化体育館大会でBJW認定デスマッチヘビー級王者の木高イサミ(38)がアブドーラ小林(43)を迎えV5戦を戦うと発表した。

 この一戦では「2代目鉄檻」が初お披露目になる。FMWから譲り受け20年以上使用された初代の鉄檻が限界を迎えたため、クラウドファンディングで資金を集め制作された。

 会見には木高と小林が出席。前夜の両国国技館大会で宮本裕向を下し4度目の防衛を果たし、祝杯を挙げていたという木高は顔をむくませて会見に現れ「もっと飲みたかったのに、一夜明け会見があるから、そこまで飲めなかった。本当は今日も朝から飲みたかったけど、朝に一度起きて一杯飲んで、もう1回寝て我慢しました。鉄檻からは必ず飛びます」と話した。一方、小林は「ドームはタナハシ、文体はコバヤシ!」と叫ぶと、鉄檻上からのバカチンガー・エルボーを予告した。

 また、横浜大会でBJW認定ジュニアヘビー級選手権が行われることも正式決定し、王者・青木優也(23)が橋本和樹(29)とV2戦を戦うことになった。