【大日本】エルガン豪語 関本との2連戦へ「私のほうがよりパワフルだ」

2019年08月24日 11時51分

大日本プロレスに参戦するマイケル・エルガン

 3月に新日本プロレスを退団したマイケル・エルガン(32)が23日、大日本プロレス関本大介(38)との2連戦(24日・後楽園、25日・名古屋)に向け気勢を上げた。

 24日はシングル、25日はタッグでの対決になる。新日マットでIWGPインターコンチネンタル王座を獲得した実力者は「どちらも楽しみ。素晴らしいファイターであるセキモトと戦うために日本に帰ってきた。ハードトレーニングも積んできた。私のほうがよりパワフルだということにファンは気づくことになる。そして私が勝つ」と自信を見せた。

 この間も米国で試合をしており「コンディションは最高。今後も大日本に参戦するつもりだ。デスマッチはしないが、岡林裕二(36)の持つ(BJW認定)世界ストロングヘビー(級王座)には関心がある」と新天地の制圧を予告した。