【大日本】関本が8月にエルガンと激突 大仁田も参戦

2019年06月23日 12時55分

 大日本プロレス・登坂栄児社長(48)が23日、東京・後楽園ホール大会の第1試合開始前にリングに上がり、“邪道”大仁田厚(61)と3月に新日本プロレスを退団したマイケル・エルガン(32)が初参戦すると発表した。

 大仁田は8月25日の愛知・名古屋国際会議場大会に、エルガンは同名古屋大会と翌24日の東京・後楽園ホール大会に出場する。

 これにさっそく反応したのが筋肉男・関本大介(38)だ。この日の第2試合のタッグ戦に出場し、強烈な原爆固めで忍(38)を沈めると、マイクを持ち「なんか、マイケル・エルガンが来るみたいですね。ぜひ戦わせてください」と直訴。これを受けて24日の後楽園大会で、関本VSエルガンのシングル戦が決定した。