【大日本】小橋建太が喜寿迎えた小鹿会長に花束贈呈「77歳…すごいですね」

2019年04月30日 20時37分

小鹿会長(右)に花束を贈呈した小橋

 元プロレスラーの小橋建太(52)が30日、大日本プロレス・後楽園ホール大会に来場し、プロデュース興行「Fortune Dream 6」(6月10日、後楽園ホール)のカード発表を行った。

 大会の休憩明けにリングに上がり、28日に77歳の誕生日を迎えたグレート小鹿会長に花束を贈呈。「77歳…すごいですね。ちょうど僕が入ったときに引退されて。小鹿さんのパートナーである、大熊(元司)さんが僕のデビュー戦の相手を務めてくれたんです。もしかしたら(引退していなければ相手は)小鹿さんだったかもしれない」と全日本プロレス時代の先輩を祝福した。

 小橋のプロデュース興行では、大日本所属選手が常連となっている。6月の大会では大日本の関本大介、神谷英慶がコンビを組んで大谷晋二郎(ゼロワン)、小島聡(新日本プロレス)組と対戦することが発表された。

 小鹿会長からも「経験をどんどんウチの選手に伝えてくれれば、意気に感じてもっと頑張ると思う」と感謝の言葉を受けた。

 また小橋が日大日本プロレス5・5横浜大会で行われるストロングヘビー級選手権(王者・関本大介VS挑戦者・岡林裕二)の認定書を読むことも決定。大日本のファンから大「コバシ」コールを受けた。