【全日本】諏訪魔がCC初勝利

2018年04月09日 16時30分

諏訪魔(上)は巨体を躍動させダイビングエルボー

 全日本プロレス春の祭典「チャンピオン・カーニバル」8日の秋田大会で、Bブロックで、石川と同じく黒星発進となった諏訪魔が、KAI(34)を一蹴してリーグ戦初勝利を決めた。

 KAIの粘りに苦しむ場面もあったが、最後は強烈hなドロップキックで吹き飛ばしてから岩石落とし、ラストライドのフルコースで料理。試合後は「よかったですよ。開幕戦は(ゼウスに)負けたけど体も動くし、いい調整はできていると思っていたから。これから取り返していく」と力強く話した。

 一方、開幕戦で諏訪魔を撃破したゼウスは、この日もヨシタツに勝利して開幕2連勝。勝ち点4で単独首位となるも「今日も何とか勝ち点を挙げることができました」と笑顔で殊勝な言葉。負傷している左足を集中攻撃されて苦しむ場面もあったが「大したケガじゃない。1週間もあれば治る」とあくまで強気に前を向いた。