【全日】青木篤志 近藤修司にリベンジ果たし世界ジュニアV1

2018年03月26日 00時00分

 世界ジュニア王者・青木篤志(40)が25日、全日本プロレス・さいたまスーパーアリーナ大会でW―1の近藤修司(40)を下し初防衛に成功した。

 近藤にラリアートを放つなど肉弾戦も仕掛けた青木は、最後にウラカンラナから、変型の腕ひしぎ逆十字固めに捕獲してギブアップを奪った。

 2月13日のジュニアリーグ公式戦で敗れ、近藤から「今の全日本が一番弱い」などと屈辱的な言葉を吐きかけられていた青木は、リベンジも果たし「全日本ジュニアはまだ発展途上。これから自分の力で本当に強いジュニアを作ります」と言い切った。

 さらに「俺だってもう40を超えているわけだし。俺が“まだまだ負けない”と思っている時点で、ほかの人にはもっと奮起してもらわないと」と所属選手に警鐘を鳴らした。