【全日本】諏訪魔がカシンの挑発に暴走 本紙記者をカマボコ葬

2018年03月20日 16時30分

カシンの嫌がらせに激怒した諏訪魔(左)は本紙記者の口にカマボコをねじ込んだ

 全日本プロレス春のビッグマッチ(25日、さいたまスーパーアリーナ)が風雲急を告げてきた。6人タッグ戦で野獣・藤田和之(47)との再戦に臨む暴走男・諏訪魔(41)は19日、“悪魔仮面”ケンドー・カシン(49)の挑発行為に大激怒。決戦での野獣制裁を誓った。また約10年ぶりに大森隆男(48)との名コンビ「ワイルドチャイルド(WC)」を再結成する新日本プロレスの中西学(51)は、アジアタッグ王座強奪に自信をのぞかせた。

「オイッ、ふざけんじゃねえぞ!」。開場前の後楽園ホール通路に暴走男の怒号が鳴り響いた。

 激高の理由は、本紙がカシンから託された伝言とプレゼントを嫌々ながら届けたことだ。練習を終えたばかりの諏訪魔に悪魔仮面からの「俺たちのメッセージを受け取って下さい」という伝言を伝えつつ、ビニール袋を手渡した。

 諏訪魔が袋を開けると3つのカマボコが…。2月3日の横浜大会で諏訪魔は試合後に藤田、カシン、NOSAWA論外に急襲され、口にカマボコを突っ込まれる大醜態をさらした。その屈辱を思い出したのだろう。顔色はあっという間に真っ赤に染まった。最後まで伝言を届けようとしたが諏訪魔は聞く耳すら持たず「小細工はやめろ!」と大声を上げながら元阪神担当の本紙記者に暴行を加え、仕上げとばかり口にカマボコを突っ込んできた。

 遠のく意識の中で耳をすますと、カマボコを強引にねじ込みながら「いいか、俺は藤田和之しか見ていないんだ!」と諏訪魔の絶叫する声が聞こえた。「藤田! こんなことばかりしていると需要がなくなるぞ。時代は流れてるんだよ! いつまでもそこであぐらをかいていられると思うなよ。それを25日に分からせてやるよ! この戦いが終わったら『次』はないかもしれないからな!」と最後通告を突き付けた。

「俺は正々堂々、正面から行く。もしお前ら(はぐれIGFインター)の『正々堂々』が凶器を使うことだっていうのなら、持って来ればいいんじゃねえか?」と吐き捨ててロッカールームへ消えた。