【全日本】1・2後楽園でドーリングvsゼウスが3冠戦

2017年12月16日 16時30分

 全日本プロレスは15日、来年1月のタイトル戦日程を発表した。

 1月2日の後楽園ホール大会では3冠ヘビー級王者ジョー・ドーリング(35)がゼウス(35)の挑戦を受けることが決定。翌3日後楽園大会では東京スポーツ新聞社制定「2017年度プロレス大賞」最優秀タッグ賞を受賞した諏訪魔(41)、石川修司(42)組が「世界最強タッグ決定リーグ戦」覇者として、世界タッグ王者の秋山準(48)、大森隆男(48)組に挑戦する。

 また、6日の愛知・名古屋国際会議場大会では「プロレス大賞」新人賞の青柳優馬(22)が野村直矢(24)とのコンビで、アジアタッグ王者として秋山、大森組を迎え撃つ。