【全日本】諏訪魔、石川組が世界最強タッグV “和製超獣コンビ”さらなる高みへ

2017年12月13日 16時30分

諏訪魔(右)と石川は優勝トロフィーを掲げた

 全日本プロレス「世界最強タッグ決定リーグ戦」は12日、東京・後楽園ホールで優勝決定戦が行われ、諏訪魔(41)、石川修司(42)組が初優勝を決めた。最終日まで首位に5チームが並ぶ大混戦となった暮れの祭典を力でネジ伏せ、真の和製大型タッグ誕生を印象づけた。原点は、諏訪魔の幼少期に脳裏に刻み込まれたスタン・ハンセン(68)、ブルーザー・ブロディ(享年42)の“超獣コンビ”の雄姿だった。

 高々と優勝トロフィーを頭上に掲げた諏訪魔と石川の目にはうっすらと涙が浮かんでいた。あの強気男の諏訪魔が「(結成を要請した)俺のワガママを聞いてくれてありがとう」と感謝の言葉を口にするほどに感極まっていた。

 最後まで先が見えないリーグ戦だった。優勝候補筆頭に挙げられながらも、序盤に星を取りこぼした2人が首位に並んだのは9日の新潟大会。しかも5チームが勝ち点10で並んだまま、この日の最終公式戦を迎えた。

 ライバルたちが次々と脱落する中、諏訪魔組は宮原健斗(28)、ヨシタツ(40)組を撃破。同じ勝ち点12で並んだ橋本大地(25)、神谷英慶(25)組との優勝決定戦に臨んだ。相手は大日本プロレスの若手コンビ。ここで唯一の全日本所属・諏訪魔が意地を見せた。2人がかりの攻撃に耐え抜き、神谷に合体技「ラストマウンテン」を決める。最後は石川がジャイアントスラムで神谷を沈め、3カウントを奪った。

 諏訪魔は幼少期から地元の神奈川・藤沢で全日本の会場に通った。「でけえなって思ったのはハンセン、ブロディ組だよ。これぞプロレスってね。だからプロレスはデカイ人間がやらなきゃいけないって思ってた」と当時の印象は今でも強烈にインプットされているという。

 だからこそ、ジョー・ドーリング(35)とのタッグ解消後、身長188センチの自分のパートナーは195センチの石川しか思い浮かばなかった。実は石川も小学校時代に殺人魚雷コンビ(テリー・ゴディ、スティーブ・ウィリアムス組)に心酔しており、大型タッグへの憧れが原点という共通項もあった。

 くしくもハンセン、ブロディ組が初優勝を飾ったのが1983年12月12日の同リーグ戦(蔵前)だった。あれから34年。「歴史に残るチームになってみせる」(石川)との言葉通り、2018年は“和製超獣コンビ”が全日本マットを制圧しそうだ。