【全日本】秋山は前哨戦連敗も…世界タッグ「一発で取る」

2017年10月02日 16時30分

デビュー25周年記念大会(21日、横浜)で世界タッグ王座に挑戦する秋山準(47)が巻き返しを誓った。  秋山は同期の大森隆男(47)と組んで王者の関本大介(36)、岡林裕二組に挑戦する。この日は6人タッグ戦で大日本プロレス軍(関本、グレート小鹿、青木優也組)と対戦。前哨対決となった関本にはショルダータックルを連発し、ランニングニーで追い込んだ。  しかし最後は自軍の岡田佑介が関本のラリアートで沈められ、9月30日前橋大会に続き前哨戦2連敗となった。それでも試合後は「本番でやればいいだけ。気持ちも落ちてないし、一発で取るだけですよ。彼ら(王者組)は力も勢いもあるけど、俺は気持ちで負けてない」とキッパリ。メモリアル大会での戴冠を約束していた。