【全日本】宮原が海外での3冠戦を熱望

2016年11月29日 16時30分

3冠王者の宮原は2017年に海外へと飛び出す

 全日本プロレスの3冠ヘビー級王者・宮原健斗(27)が28日、海外マットでの防衛戦開催を熱望した。

 

 全日本として約3年ぶりの開催となった27日の両国国技館大会では諏訪魔(40)を撃破し、6度目の防衛に成功。この日、横浜市内で行われた一夜明け会見では「まだまだ想像しない選手が来るかもしれないし、全日本はツワモノ揃いなので気は休まらない。それこそ最強タッグ(12月3日、仙台で開幕)で動きがあるかもしれないから、今日からスイッチを入れようと思う」と語り、早くも次なる戦いに目を向けた。

 

 年内の防衛戦は予定されておらず、王者での越年が確実。しかも「全日本の顔」として迎える2017年は団体の旗揚げ45周年イヤーで、秋山準社長(47)は欧州とアジアから全日本の大会開催オファーが届いていることを明かした上で「そこで3冠戦は開催したい」と話す(本紙昨報)。

 

 これについて宮原は「やりたいですね。もともとハルク・ホーガンが好きでプロレスを見ていたわけだし、レスラーである以上はいろいろな場所でやりたい。夢が広がる」と目を輝かせた。海外での3冠戦が実現すれば、2014年10月18日に当時の王者だったジョー・ドーリングがカナダで開催して以来となる。

 

「節目とか、人の目がたくさん集まるところでなおさら輝く男ですから。そういう状況に立った自分が最高の男になっているんじゃないですか」。若きナルシシスト王者はメモリアルイヤーを主役で駆け抜けてみせる。