【全日本】3冠王者・宮原 前哨戦に初勝利「この収穫はでかい」

2016年11月14日 16時30分

前哨戦で諏訪魔(下)からフォールを奪った宮原

<全日本プロレス・千葉大会(13日)>3冠ヘビー級王者・宮原健斗(27)は、8度目の前哨戦でようやく諏訪魔から勝利を奪った。

 

 この日も序盤から苦しい展開が続き、10分以上も孤軍奮闘。ラリアート、岩石落としで首にダメージを負った。

 

 17分過ぎには万力スリーパーに捕獲され、ラストライドの体勢に入られてしまう。

 

 何とかこれはフランケンシュタイナーでしのいだが、その後もピンチは続く。20分過ぎには2度目のラストライドを狙われるも、これをかわすと、すかさずカウンターのヒザ蹴りを顔面へ。ここからフイニッシュにつないで、挑戦者から3カウントを奪取した。

 

 10月9日の後楽園大会からスタートした前哨戦を7連敗でストップさせ「最初からうまくいかないのは俺らしいよね。だけど両国まであと14日だし、この収穫はメチャメチャでかい」と胸を張った宮原。さらには「待ちきれないよ!」と叫びを上げて野獣のように目をギラつかせていた。