【全日本】諏訪魔に快勝!佐藤耕平が3冠取り大きく前進「王道を受け止めた上で勝ちたい」

2021年02月19日 00時00分

諏訪魔に快勝した佐藤耕平

 23日の全日本プロレス東京・後楽園ホール大会で諏訪魔(44)の3冠ヘビー級王座に挑戦する佐藤耕平(43)が、ベルト取りへ大きく弾みをつけた。

 18日の東京・新木場1stRING大会のタッグ戦で諏訪魔と前哨対決。諏訪魔の元相棒、石川修司(45)との連係で佐藤光留(40)を集中攻撃し、ペースを握った。諏訪魔にはサッカーボールキックを連発し、さらにジャーマンの投げ合いを展開。終盤にはエルボーで3冠王者をダウンさせ、最後はパイルドライバーで佐藤を沈めた。

 ベルト奪取に向けて死角を感じさせない快勝劇とあって、耕平は「諏訪魔選手とは久々にやって面白かった。あとは3冠のベルトに向かっていくだけです。今日は強力なパートナーがいてくれたけど、シングルになると変わってくると思う。けど諏訪魔選手の王道を受け止めた上で勝ちたい。ベルトを取って全日本プロレスをかき回していけたら面白いかな」と手応え十分の表情で語り、自信をみなぎらせた。

関連タグ: