【全日本】ゼウス&イザナギ「超気持ちいい! 何も言えねぇ!」圧勝でアジアタッグ初防衛

2020年10月25日 00時00分

イザナギ(右上)がHAYATOに超絶ミサイルキック!

 全日本プロレス24日の東京・後楽園ホール大会で、アジアタッグ王者のゼウス(38)、イザナギ組がフランシスコ・アキラ(21)、ライジングHAYATO(21)組の挑戦を退け、初防衛に成功した。

 試合は序盤から王者組がアキラに狙いを絞り、ぺースをつかむ展開。ゼウスが場外でリフトアップしてそのまま後方に落とす荒技を見せると、イザナギも背中への強烈なサッカーボールキックで続き、アキラにローンバトルを強いる。

 交代したHAYATOに対してもゼウスがチョークスラム。さらに肩車で捕らえたところに、イザナギがミサイルキックを放って追い込んでいく。

 最後はしまなみドライバー(変型タイガードライバー)を狙ったHAYATOの一瞬のスキを突いたイザナギが丸め込んで試合を決めた。

 試合後にゼウスが「ハハハハ! 今日はほとんどイザナギさんがやってくれたようなもん。すごい楽しかった」と話すと、イザナギも「集中力欠いたら終わり。全然やられてない。俺たちからベルト取りたいってやつがいたら、誰でもいい。ゼウスが燃える相手にしてくれ。超気持ちいい! 何も言えねぇ!」と吠え、2人して上機嫌で控室に消えた。