【全日本・CC】Aブロック全勝対決はゼウスに軍配 ジェイクの首をあらぬ方へ捻じ曲げる

2020年09月27日 00時00分

ジェイクをフェイスロックで締め上げるゼウス

 全日本プロレスの祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」26日の神奈川・小田原アリーナ大会のセミで行われたAブロック公式戦最終試合で、〝筋肉獣〟ことゼウス(38)がジェイク・リー(31)との全勝対決を制し、4勝無敗の勝ち点8で優勝決定戦(10月5日、東京・後楽園ホール)に駒を進めた。

 このCCで猛威を振るったフェースロックをいきなり仕掛けるなど序盤から全開で襲い掛かったゼウス。しかし3冠ヘビー級&世界タッグ王者・諏訪魔(43)の腕を破壊したジェイクの執拗な一点攻撃に悶絶。アームロックなどで左腕を絞めあげられ追い込まれた。

 それでも腕固めの態勢のジェイクをぶん投げピンチを脱すると一気に攻勢へ転じ、フェースロックでありえない方向に首を捻じ曲げてギブアップを奪い勝利。完勝でリーグ戦を突破したゼウスは「次、決勝! 宮原健斗、石川修司、どっちが上がってこようが俺のフェースロックでお前の首をへし折ってやるよ。見とけ、オラア!」と絶叫した。なお、優勝決定戦はメインで石川を下した宮原と対戦する。

 対するジェイクは3勝1敗勝ち点6でリーグ戦を終えて「あと1勝が届かなかった」とガックリ。それでも「手ごたえがあった? もちろん。この痛み以上に収穫がありましたよ。俺、まだまだ行くんで」と話した。

 また、もう1試合行われたAブロック公式戦は羆嵐(29)が黒潮〝イケメン〟二郎(28)に勝利。これで、ともに1勝3敗の勝ち点2でリーグ戦を終えた。