【全日本・CC】黒潮は狂喜乱舞! 公式戦で諏訪魔から逆転3カウント

2020年09月14日 00時07分

悪夢の逆転負けを喫した諏訪魔

 全日本プロレスの祭典「チャンピオン・カーニバル(CC)」13日のカルッツかわさき大会でのAブロック公式戦で、3冠ヘビー級&世界タッグ王者・諏訪魔(43)が黒潮〝イケメン〟二郎(27)に敗れる波乱が起きた。

 前夜に羆嵐をわずか3分54秒で蹴散らした諏訪魔は、この日も短期決着を狙ってか開始早々の猛攻。しかし黒潮のジャケットを脱がすことに執着したせいか、意外に粘られることに。すると最後はラストライド狙いで持ち上げた瞬間のスキを突かれ、高角度前方回転エビ固めで切り返されて3カウントを奪われてしまった。

 諏訪魔はこの現実が受け入れられない様子だったが、後の祭り。「プロレス、最高! 言うことないよ!」とリング上で狂喜乱舞する黒潮を尻目に肩を落としてリングを下りた。

 一方の黒潮は15日の東京・後楽園ホール大会でのゼウス(38)戦に向けて「あさってはモヒカンのバカと戦います。あさってはガッチリぶちのめす」と何度も〝バカ〟呼ばわり。関西人にそのフレーズは怒りに火をつけることになるのだが、大丈夫だろうか。