【全日本】石川が3冠初防衛の諏訪魔に挑戦表明「俺が5冠王になる」

2020年07月01日 06時00分

諏訪魔(左)に挑戦を表明した石川修司

 全日本プロレス30日配信のテレビマッチで、3冠ヘビー級王者・諏訪魔(43)が元W―1エースの芦野祥太郎(30)を下し初防衛に成功。その後、盟友で世界タッグ王座パートナーの石川修司(44)から挑戦表明を受けた。

 序盤からしつこく絡みつく芦野の左足殺しに苦しんだ。ロープ越しのドラゴンスクリュー、マフラーホールド、低空ドロップキックなどに悶絶。かと思えば体格差をものともせず俵返しやジャーマンスープレックスで投げられる一幕もあった。

 しかしアンクルロックで決めにきた芦野を下から蹴り飛ばし脱出することに成功。そこから痛みをこらえつつ「決めるぞ、オイ!」と気合を入れて原爆固め、ドロップキック、岩石落としと畳みかけ、ラリアートからのラストライドで3カウントを奪った。

 試合後は「3冠ベルト、守ったぞ、オイ! 史上初めての無観客の3冠戦で勝って、全日本の看板も守れてよかったよ。まだまだ潰し足りねえ。芦野! 何度でも向かってこい!」と雄たけびだ。するとそこに石川が登場し「諏訪魔さん、防衛するって信じてましたよ。本当なら無観客でも挑戦したかったが、あなたが俺とはお客さんの前でやりたいと言っていたので我慢して待っていました。お客さんを入れた最初の後楽園、7月25日に、俺とそのベルトを賭けて、戦いましょう。そして、俺が5冠王になる!」と挑戦を表明。かねて観客の前で世界タッグパートナー石川との〝究極の5冠戦〟を希望していた諏訪魔も「俺の夢なんだ。あなたとの5冠戦は。どっちが最後まで立っていられるか。正々堂々、よろしくお願いします」と受諾した。

 また、世界ジュニア王者の横須賀ススム(42=ドラゴンゲート)の次期挑戦者決定戦は、岩本煌史(30)が児玉裕輔(33)に勝利して「きっちり勝ったぞ。これで文句ないでしょ。ベルトに挑戦させてください」と話した。

 諏訪魔対石川の3冠戦と横須賀対岩本の世界ジュニア王座戦は、観客を入れて開催される25日の東京・後楽園ホール大会で行われることが決まった。