【全日本】3冠ヘビー級王者・諏訪魔 芦野祥太郎と青柳優馬の〝果し合い〟要求

2020年06月24日 17時13分

3冠ヘビー級王者・諏訪魔

 全日本プロレスの3冠ヘビー級王者・諏訪魔(43)が、25日放送回のテレビマッチで一騎打ちする元W―1のエース・芦野祥太郎(30)と青柳優馬(24)に〝果たし合い〟を求めた。

 3冠挑戦を表明した芦野の対して青柳が「待った」をかけたことから実現する一戦を、諏訪魔は「青柳は唐突に割って入ってきたのがいいね。自我が芽生えてきたのかもな。芦野は体幹がしっかりしていて、いかにもレスリング経験者だなと。ただ、少し好き放題させすぎた」と分析。「俺はどっちが来たっていいんだよ。そんなことより、俺を燃えさせる激闘、死闘をしろ。食いがい、壊しがいがあるおもちゃだってアピールしてくれ!」と続けた。

 試合は事実上の次期挑戦者決定戦と見られているが「俺はベルトをかけるとは言ってない。そもそもどっちにも直接やられてないから、かける必要なんかねえんだよ。試合を見て、俺が燃えなければベルトはかけない。戦ってはやるけど、1分くらい暴走して潰すだけだ」ときっぱり。〝査定〟次第でノンタイトル戦にすると強調した。高見の見物を決め込む王者を納得させることができるか。