【全日本】諏訪魔 ヨシタツと抗争激化

2020年05月01日 16時35分

諏訪魔はパイプイスでヨシタツ(左)を殴打した

 3冠ヘビー級&世界タッグ5冠王者の諏訪魔(43)は、ヨシタツ(42)との抗争が激化。5日配信大会では石川修司(44)との世界タッグ王者として、ヨシタツ、宮原組とのV2戦が決まった。

 30日に配信された「全日本プロレス中継」で諏訪魔はタッグ戦でヨシタツと激突。試合後はヨシタツが「シングルで俺に負けまくっといて、なにが5冠だ。今すぐやってやる!」と挑発した。これに呼応した諏訪魔ともみ合いになり、そのまま10分1本勝負のシングル戦が行われた。

 すると顔面ウオッシュ2連発にキレた諏訪魔がイス乱打からチョークスリーパーで絞め上げ、反則負けの裁定が下された。結果は勝利ながらも、納得のいかないヨシタツは「こんなやり方で恥ずかしくねえのか? 世界タッグ、(宮原との)ヨシケンで挑戦させろ!」と絶叫。当初は3月に予定されながらも、コロナ禍で流れていた暴走大巨人対ヨシケンの王座戦が行われることになった。