【全日本】暴走巨人興行など5月16~30日の全体会中止

2020年04月27日 15時59分

 全日本プロレスは27日、30日放送のテレビマッチでアジアタッグ王者の木高イサミ(38)、宮本裕向(37)組が宮原健斗(31)、フランシスコ・アキラ(20)組の挑戦を受ける初防衛戦を開催すると発表した。

 また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月16~30日の全大会中止を決めた。中止となるのは16日・長野、17日・諏訪、23日・岡崎、24日・岐阜、27日・後楽園、「暴走大巨人興行」として開催される予定だった30日・横浜の各大会。