【全日本】諏訪魔 「エボリューション」新メンバー募集で女子レスラーを育成

2020年04月23日 16時35分

諏訪魔はエボリューションTシャツを手に呼びかけた

 全日本プロレスの3冠ヘビー級王者・諏訪魔(43)が、女子プロレスラー育成計画を明かした。石川修司(44)との「暴走大巨人」で世界タッグ王座も保持する責任感から、団体の歴史に新たなページを刻む作業に着手。将来的な女子部門設立を見据え、まずは自身率いるユニット「エボリューション」の女子新メンバーを公募した。

 新型コロナウイルスの感染拡大により先行き不透明な状態が続く全日本マットに、5冠王者が仰天提案だ。「こういう時代だからこそ、団体の幅を広げる作業をしてもいいんじゃないかと。実はエボリューションに女子の新メンバーを入れようかと思ってて。今いる選手よりは、生え抜きの選手がいいかな」

 近年は女子プロレス「アクトレスガールズ」の提供試合が行われるなど、決して“女人禁制”のスタンスではない。とはいえあくまで「他団体勢の参戦」にとどまっており、諏訪魔が目指すのは本格的な人材育成だ。「本戦でいきなりってのはできるわけないだろうけど、小回りのきいたことができるのがエボリューション。まずは全日本プロレスに履歴書を送ってもらえれば。エボリューション所属としてプロレス界に響く活躍をしてもらいたい」と目を輝かせる。

 ただし応募要項はかなりファジーで「年齢? そりゃピチピチしてるほうがいいけど…スポーツ歴がなくても、一からやりたい人、夢を追っている人であれば。あと美貌を持った人がいいね」と、ところどころに偽らざる本音をチラつかせた。

 背中を押すのは、老舗団体の伝統は守りながらも、新たなものを取り入れていく必要性を感じたことだ。世界最大団体の米WWEでは女子選手の地位向上が目ざましく、昨年の祭典「レッスルマニア」では女子戦がメインイベントに据えられた。「日本にもそういう時代が来ますよ。強いやつも必要だけど、華やかなやつも必要。そういう意味では、将来的にはうちで女子部門というのもありじゃない?」と訴える。

 15日には団体を代表して馳浩衆議院議員(58)のもとを訪れ、マット界の休業補償などを求める要望書提出に立ち会った。さらに新日本プロレスの棚橋弘至(43)とともに馳氏に呼ばれ「統一組織」について選手間での協力を要請されたという。「(団体の垣根を越えて)話し合うテーブルを設けましょうという意見で同意した」と明かす。

 これにより「より業界全体のことを考えるようになった」と使命感に燃えている。「今はアイドルみたいな子たちもリングに上がってる時代。そんな中で、男子にもまれた女子レスラーが出てきても面白いかなと。もまれるって、変な意味で勘違いすんじゃねえぞ、オイ!」。全日本に変革をもたらすことができるか注目だ。