【全日本】ヨシタツ 幻の必殺技「ヨシタツ・パンデミック」未使用のまま改名

2020年04月22日 16時35分

ヨシタツは得意のポーズで全日本マット制圧をアピール

 日の目を見ることはあるのか? 全日本プロレスのヨシタツ(42)が自身の野望と“幻の必殺技”の存在を明かした。

 今年から正式に所属選手となり「全日を世界に広めたくて、今は表に出てないけど『ヨシタツ革命』を推し進めている。“革命狂戦士”なんで」とニヤリ。新日本プロレス出身のヨシタツは、元祖の長州力に革命戦士を名乗ることを許されたという。実際のところは許可を得る際、長州はため息をついただけなのだが「それってオッケーって意味でしょ? 公認です」と都合がいい。

 もちろん、全日マットのトップに立つことも視野に入れている。現在は諏訪魔(43)が5冠王として君臨するが「自分はチャンピオン・カーニバル(CC)で(昨年、一昨年と)2年連続で勝っている諏訪魔キラー。いつでも準備はできている」と虎視眈々だ。

 一方、ハワイの団体が認定するコロナ・プレミア・インターコンチネンタル王座を保持するも、新型コロナウイルス禍が終息するまで防衛戦の自粛を表明している(本紙既報)。ヨシタツによれば、新たな問題もあったといい「実は去年のCCで『ヨシタツ・パンデミック』という技を用意していた。関節技の一種だけど、(昨年は)出さなかったんで今年のCC(中止)で使おうかと思っていた。でもどっちにしろこういう状況だから、改名しないといけなかったかなって」。

 コロナ禍により新技のお披露目もお預けとなったが「こんな時こそ『ステイ・ポジティブ』。明けない夜はないから、前向きに!」と、“ワールドフェイマス”らしく先を見据えた。